衣装に用いるのは選び抜かれた上質素材

通常のひな人形は、お人形用に仕立てた生地から衣装を作ります。
新古今雛は熟練のバイヤーが、京都に出向いてお人形の衣装となる呉服の反物や帯を買い付けに行きます。

実際に女性が着用する着物や帯をバッサリと裁断して造り上げる、とても贅沢なつくりの衣装です。
京都西陣正絹帯やブランド帯の名古屋帯・龍村美術織物の帯、スワトー刺繍帯や蘇州刺繍帯、友禅裂地、京都西陣金襴織物(正絹)など、上質な素材を選んでいます。

説明せずにはいられない、素材の良さを自信を持ってお薦めできる、
そんな生地から仕立てた魅力的な衣装ばかりです。

衣装に用いるのは選び抜かれた上質素材

匠の技

一本の帯からは、せいぜい2~3組のお人形の衣装しか作ることが出来ません。
量産のひな人形と違って、新古今のひな人形は希少価値があります。

職人は衣装のお袖の部分には柄が最も美しく映える位置を匠の技術でとります。

呉服の反物や帯を、お人形用にバッサリと裁断します。

通常のひな人形の衣装用生地と違い、お袖の振りにボリューム感があるので豪華で見栄えがするのが新古今雛の特徴です。

頭(お顔)の面相描き

その日の湿度に合わせて墨の色合いを調節しながら、原型に沿ってお顔描きが始まります。
眉や目、唇、さらには産毛に至るまで、細かく丁寧に一筆ごとに職人の技で魅了します。

それぞれの頭作家によって、お顔の表情が違います。
工房を持つ雛人形専門店だからこそ、お好きなタイプのお顔を選ぶ事ができるのです。

大垂髪(おすべらかし)を結う

お人形の髪の毛を整えていきます。
艶やかな髪になるよう、左右対照に膨らみをもたせ、たゆみなく造り上げていきます。
力加減が難しいこの工程は、まさに職人の成せる業です。

雛胴にお衣装を着せつける

呉服を着用するかのように一枚一枚丁寧に着せつけていく、伝統工芸士の腕の見せ所です。
単(ひとえ)の色合わせもそれぞれに意味があり、反物や帯柄との調和もデザインしながら一体のお人形が仕上がります。
厳選された素材はお袖の厚みがあり豪華な印象。
それが、新古今雛の特徴です。

世界に一つだけのオリジナルひな人形

Step1 お人形の衣装を選び、好きなお顔を選びます。

Step2

完成

私だけの雛人形世界に一つだけのオリジナルひな人形が完成します。

  • カスタマイズ

  • ご購入特典

keyboard_arrow_up